メラニンは消せる

顔に触れる人

シミの原因になる紫外線について

シミなどお肌のトラブルでお悩みの方が多いですが、シミが出来てしまう大きな原因として紫外線が挙げられます。紫外線にはA波とB波とがあります。紫外線A波は、皮膚が赤くなったりヒリヒリするような日焼けはありませんがメラニンが増加し、皮膚の深部にまで到達してしまうためコラーゲンやエラスチンを破壊してしまいます。ガラスなども透過してしまうため、紫外線A波はシワやたるみなどの原因にもありますので日焼け止めにPAが記載されているか注意が必要です。紫外線A波の防止効果の目安となる数値なのですが、PAの横にある+が多いほど高い効果があります。紫外線B波は、皮膚へのダメージが大きくサンバーンを起こすため、ひどい場合は皮膚の炎症で治療が必要になってしまいます。またしみの原因になるメラニン色素の生成を促してしまいます。しみは美白に効果のある化粧品で予防できても、既にできてしまったものをキレイに消すには美容クリニックなどでの治療が必要になってしまいます。長時間屋外にいる場合は、SPF50くらいの日焼け止めがおすすめです。

シミ予防に効果的な成分や治療について

シミの原因となるメラニン色素の生成を予防する効果がある美容成分には、ビタミンC誘導体やハイドロキノン、アルブチンなどが挙げられます。ビタミンC誘導体は、皮膚に浸透しやすいように開発された美容成分で美白化粧品にもよく含まれており、エステティックサロンなどでもイオン導入として用いられています。ピーリング治療後にもビタミンC誘導体が使用されています。皮膚科クリニックなどでは、美白効果が期待されているハイドロキノン治療がおこなわれています。ハイドロキノンには、シミの原因になるメラニン色素を作るメラノサイトに対して細胞毒性があります。そのため、メラニン色素生成を抑制してくれる効果があります。アルブチンと呼ばれている成分は、メラニン合成に関わっているチロシナーゼに直接作用することからメラニンの生成を抑えてくれます。

Copyright© 2017 紫外線から肌を守ってしわを予防する|化粧品で隠すこともできる All Rights Reserved.